バセドウ病 専門医 東京

東京にいるバセドウ病の専門医はどのくらいか

甲状腺は体の発育を促し新陳代謝を盛んにする働きをする「甲状腺ホルモン」を作って血液中に分泌する器官です。のどぼとけの下あたりにある小さい臓器で、一見してわからないほどです。その甲状腺ホルモンが多すぎたり少なすぎたりすると、身体につらい症状が現れます。甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気としてバセドウ病が知られています。どちらかといえば女性に多く、200人から500人に一人の割合で発症しているといわれています。専門医による血液検査でホルモン量や抗体の有無などを確認することができ、治療は主に薬物療法、放射性ヨウ素内用療法、手術療法といった3つの治療法があります。東京には多くの専門医がおり、疲れやすい、動悸がする、微熱が続いているなど、気になる症状がある方はぜひ一度受診してみましょう。

東京でバセドウ病が気になる方、甲状腺専門医に早めに受診を

東京でバセドウ病の専門医を探すなら、甲状腺疾患を専門とする病院を探してみることをおすすめします。お近くになければ総合病院、または内科や内分泌科などでも診てもらえます。問診、触診のほか、バセドウ病の検査はエコー検査や血液検査なので総合病院であれば比較的短時間で結果を聞くことができるのが魅力です。またバセドウ病以外の疾患であった場合にも対応してもらえるので安心です。治療は殆どの場合薬物治療を行い、長期間にわたって飲み続けなければならない場合もあります。そして1割ほどの方にかゆみや肝機能異常などの副作用があるといわれています。そのほかの放射性ヨウ素内用治療や手術療法は薬が効かなかった場合や副作用がひどい場合などに行うことが多いです。薬物治療は薬の種類を選べば妊婦や授乳期にも治療が可能、診断後すぐに通院しながら治療できるので多くの方が選択しています。

東京にもたくさんある、バセドウ病の専門医、専門機関

バセドウ病は決してまれな症状ではないため、この頃疲れやすくなったとか、汗が多くなったなど気になる症状があり、甲状腺専門医をお探しなら日本甲状腺学会の認定専門医や認定専門施設を見てみましょう。2019年8月現在、東京には100名ほどの専門医、26もの専門施設があり、お近くの病院を探すことができます。薬物治療ではこまめな通院が欠かせません。長期にわたる治療になることもあるため、できるだけ通いやすい病院を選択することをおすすめします。バセドウ病について予防法はまだはっきりと分かっていない病気です。早期発見、早期治療が正常な甲状腺に戻すために大切ですので、自主的な受診がおすすめです。服薬が少しでも短く済むよう、早く確実に治していきましょう。治療の効果に従って、健康な人と変わらない生活、運動ができるようになります。