バセドウ病 専門医 東京

なぜバセドウ病に東京の専門医が必要なのか

バセドウ病は、甲状腺ホルモンの過剰な分泌によって引き起こされる疾患です。通常、脳のホルモン分泌をつかさどる脳下垂体という部分が甲状腺に指令を出すことで、適量の甲状腺ホルモンが分泌されます。しかし、甲状腺を強く刺激する物質が血液の中に作られ、その結果、甲状腺が脳からの指令以上に働きすぎてしまい、過剰な量の甲状腺ホルモンが分泌されてしまうことになります。この甲状腺ホルモンは、新陳代謝を高め、身体の成長を促すホルモンです。そのホルモンが過剰になると新陳代謝が異常に高まることになるので、過度な発汗や疲れ、結果的に体重の大幅な減少などとして身体に症状が現れます。バセドウ病は放置すると重篤な疾患になってしまい、命に関わることにもなりかねません。ですので、適切な治療院で、バセドウ病の専門医によって適切な治療を受ける必要があります。特に、東京都内には多くの治療院があります。

バセドウ病の治療法は主に3つ専門医が必要な理由とは

バセドウ病には主な治療法が3つあります。まずは投薬治療です。投薬治療では完治までに最短でおよそ2年かかると言われています。投薬治療は、他の2つの治療法と比べて比較的身体への負担が少なく済みます。しかし人によっては痒みが出て、稀ではありますが白血球の減少により免疫能力が低下する重大な副作用が出る場合も考えられます。二つ目は、放射線治療です。放射線治療では投薬治療に比べて短期間で効果を得ることができます。しかし、妊娠中や授乳中、18歳以下の患者には処置することができません。そして三つ目は甲状腺の切除手術です。最も完治までの期間が短く効果の高い治療法ですが、手術の合併症の可能性や身体的・経済的負担などデメリットも多くあります。このように治療法それぞれに懸念すべき事項があるので専門医からの診断は必須と言えます。そして、甲状腺治療の専門医の中でも認定専門医が最も多い都道府県は東京都です。

東京のバセドウ病専門医の探し方とは

バセドウ病の症状が現れた場合、まずは内科を受診する人がほとんどです。症状を検査し、どのような治療法を行うべきか、または行うべきでないかを判断します。投薬治療だけではなく放射線治療、甲状腺の切除手術も選択肢に入れる場合、専門医を紹介されることがほとんどでしょう。そのため専門医の探し方としては、まず内科で専門医の紹介を依頼するのが一番手っ取り早い方法と言えます。また、東京都内の甲状腺治療の認定専門医はインターネットでも探すことができます。認定専門医が一覧で表示されているウェブサイトもあり、各医師の勤務する施設が検索できるので、そのようなウェブサイトで初診する病院を探してみるのも良いでしょう。その際、大学病院や専門病院ですと、紹介状がないと初診料が高額になってしまう場合が多いので注意が必要です。しかし、少しでも早くから最適な治療を開始できるメリットは大きいと言えます。